読んだ絵本紹介ブログ

タイトルの通りですが、読後感などをメモしていければと思います。

【面白かった!!】『リサとガスパール ゆうえんちへいく 』

この本を選んだ理由 『リサとガスパール』のシリーズで買うのは確か、こちらの 本が3冊目だったと思います。シリーズの中でもこちらの本は 多彩な場面が出てきて1ページ1ページに変化があったからで すね。更には、フレーズがハチャメチャで読んでる方も 「…

【ユーモアのある絵本なら】『とんでもない』著作:鈴木のりたけ、発行元:アリス館

この本を選んだ理由 買ってきたのは私ではありません。 が、以前この鈴木のりたけさんのケチャップマンを買った 事がありその印象が強くて買ってくれたのかもしれません。 ケチャップマンも後ほど紹介いたします。 推測ですが、そうですね。大型な絵本ですし…

【ほんわかするなら】『おべんとうバス』作・絵:真珠まりこ、発行元:ひさかたチャイルド

この本を選んだ理由 ①色々なキャラクターが出てくるところ 表紙を見ただけで一目瞭然ですが、どうですか。 沢山の食べ物たちが出てきてニコニコになれますよね。 この食べ物たちを子供にお話出来るだけで十分かなと 思いました。 ②ハードブックなところ やは…

【電車系の絵本なら】『でんしゃがきた』作:竹下文子、絵:鈴木まもる、発行元:偕成社

この本を選んだ理由 ①著者の絵本を以前買ったことがあって 以前、『ピン・ポン・バス』という絵本を買ったことがあって 各ページの内容が豊富で非常に気に入ってました。次回、機会が あればまたこちらの著書の絵本を買いたいと思っていたのが理由の 一つで…

【関西弁の絵本なら】『そらとぶてっぱん』作絵:岡田よしたか 発行元:ひかりのくに

この本を選んだ理由 ①関西弁だったから。 割と関西弁調の絵本ってあんまりないんですよね。 そんな中、著者の岡田よしたかさんの絵本は関西弁が 中心で非常に貴重な存在です。 ②大阪の風景が出てくる。 やっぱりリアルな街の情景が絵本として演出されて いる…