読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだ絵本紹介ブログ

タイトルの通りですが、読後感などをメモしていければと思います。

【関西弁の絵本なら】『そらとぶてっぱん』作絵:岡田よしたか 発行元:ひかりのくに

f:id:readEhon:20170309230607j:plain

この本を選んだ理由

①関西弁だったから。

割と関西弁調の絵本ってあんまりないんですよね。

そんな中、著者の岡田よしたかさんの絵本は関西弁が

中心で非常に貴重な存在です。

②大阪の風景が出てくる。

やっぱりリアルな街の情景が絵本として演出されて

いるのは読者としてはありがたいですね。テレビは

一切見させたくないし観光ガイドブックではなくて

絵で見せてあげるのは親としては嬉しいものです。

③粉物文化が絵本で分かる。

地域によっては鉄板焼き屋があまり無い地域もある

中で鉄板焼き屋というお店がある事を知ってもらえる

のは良いですよね。絵本ではお好み焼きと焼きそば、

たこ焼きが出てきます。そのような食文化も知って

もらいたいですので。

f:id:readEhon:20170309231810j:plain

 

絵本の内容

タイトル通りですが、鉄板焼き屋の鉄板があちらこちら

飛び回る内容です。1ページ、1ページ様々な印象を読者に

与えてくれます。

f:id:readEhon:20170309231823j:plain

 

印象に残ったフレーズ

「ぼくら て ないから、でけへん」ですね。

登場してくる粉物たちの四苦八苦ぶりをこのフレーズで

読み取ることが出来るからです。この後は読んでからの

お楽しみです。

 

まとめ

関西文化が好きな方には本当にオススメな絵本です。

関西弁を分かっていない子供でも笑ってくれる要素も

入っているでしょう。親子で楽しめる一冊です。

 

 ↓商品ページはこちら↓